集めたいた包装紙を処分

昔の私の趣味は包装紙集めです。お中元やお歳暮のときに届く贈り物の包装紙やデパートで品物を購入して包装してくれた紙をとっておいたりしていました。
包装紙をとっておいた理由はきれいだからです。きれいなものを集めることが好きで、貝殻などもとっておいていました。また、包装紙は何かに使えるような気がしたのでこれもとっておいた理由です。
しかし、実際に使うことはなく机の引き出しに眠ったままです。どんどんとたまっていく一方でした。そして、保管状態が悪いものはシミがついてしまいました。
これらを捨てようと思ったきっかけは、「不用品を捨てると運がよくなる」という内容の本を読んだことです。もう何年も使っていないのだからこれからも使うことはないだろうと思って、少し未練はあったのですが捨てることにしました。
捨てて何年もしますが捨てて後悔したことはありません。何かに使えるだろうと思ってとっておいても、実際使うことはほとんどありません。捨ててしまって気持ちがすっきりしました。