収納スペースから逆算した整理

部屋が散らかって、なかなか片付かない方々にとって効率よく部屋をきれいにする方法があります。それは収納スペースから逆算した整理整頓です。自分自身の部屋のキャパシティーには容量があります。その中でウォーク・インクローゼットや押入れ、自分自身で購入した衣装ケースなどを合算してみてどの程度が自分自身の部屋に収まるかをシミレーションしてみるわけです。ここまで自分自身が必要なもの、不要なものまで全て置いていたところ、どうしても収納できないと言うことが明らかになってきます。この逆算ができればしめたものです。整理整頓するために収容できないものは捨ててしまうしかないからです。逆算することで自分自身の中でものに対する優先順位が決まっていますので捨てやすくなっているはず。またどこに何を収納するかということを逆算する中で決めていますから、実際に収納する際にも手早く行うことができると思います。これで部屋の整理整頓も簡単にできます。