80代の母の散らかっている部屋の片付け

80代の母が脳梗塞で倒れて入院したのですが、家が散らかっていたのを整理しました。一瞬見たら、物が多いですがまだまだ価値があって使えるものが多かったです。運よくマンションのすぐ下に、リサイクルショップがあったので持っていくことができました。さらに、リサイクルショップで取り扱ってくれないものはフリマで売りました。リサイクルショップでもフリマでも、洋服はあまり高い値段で売れません。フリマでは100円で売っている人も多かったので、ブランド品は売るべきではないです。どちらにも人気があったのが、新品の下着です。母は新品のままとっていたので、定価の半額で売れました。バッグはお客さんが気に入ってくれたら、高く売れます。母の家のもので人気があったのが、皮の手作り商品です。これはオリジナル商品なので、3000円以上で売れました。短期間で処理しようと思ったら、業者を頼んだほうが安いと思います。私は妹とふたりで片づけましたが、時間がかかったので。